反省

自分の文書の癖を直そうとしている。

まずいけないのは「」の多様だ。
最初は他人の「」を多様している文章を見ていて、わずらわしく感じていた。
ところが自分で使うようになると、これが実に便利。
「」を使わずしてニュアンスを伝えられない、とすら感じるようになってしまった。
それで反省。
とにかく「」を使わないようにしている。

もうひとつのいけない文章上の癖は、「〇〇とは、△△ではなく、□□である」という構成で書いてしまうこと。
「〇〇とは□□である」と書いてしまうと、□□が強調されないような気がするのだ。
例えば、「ダイエットで重要なことは、運動量を増やすことではなく、食べる量を減らすことだ」という文章。
「ダイエットで重要なことは、食べる量を減らすことだ」と書いてしまうと、「で?」という印象を持たれてしまうと思ってしまう。
書きたいことは、「運動さえすればやせられると思っていませんか。そうではなく、まずは食事量を減らしましょう」ということなのだ。
それでつい「運動量を増やすことではなく」と入れたくなってします。
しかしこの「ダイエットで重要なことは、運動量を増やすことではなく、食べる量を減らすことだ」という文章は、とてもよくない。
なんというと、雑味がする。
正しくはこうだと思う。
「運動を継続していてもダイエットできないという方はいませんか。そのような方は、食事量をチェックしてみましょう」



[PR]
by cwhihyou | 2018-01-27 08:37 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています