国際石油開発帝石という会社の株を、2016年11月2日に952円で100株買いました。

ですので、このときの購入金額は95,200円です。

本日2016年12月7日の終値は1,189円でしたので、100株の価値は118,900円になります。

つまり、含み益は23,700円となります。

つまり、今日、すべての株を売却していれば、23,700円の利益が出て、ここから税金が20%引かれるので、18,960円の小遣いが生まれていたことになります。

もちろん、元手の95,200円は無傷で戻ってきます。

国際石油開発帝石は、石油を商売にしているので、原油価格が上がれば儲かり、下がれば損をします。

つまり、原油価格が上がれば株価が上がり、原油が下がれば株価も下がります。

これはとても単純な仕組みに感じました。

もし私のこの推論が正しければ、いわゆる「難しい読み」など必要ありません。

つまり、簡単に儲けることができる、ということです。

それで早速、この推論が正しいのかどうかの検証に取り掛かりました。

株価の推移を調べました。

グーグルで「yahoo、株価、国際石油開発帝石」で検索すると、過去20年以上の株価が分かります。

それによると2014年4月に1488円だった株価が、私がこの会社に関心を持った2016年10月下旬には900円台後半にまで落ちていたのです。

30%近い値下がりです。暴落といってもいいでしょう。

この2014年4月~2016年10月の間に起きた石油関連ニュースといえば、そうです、アメリカのシェールオイル革命です。

アメリカが大油田を掘り当てたので、原油価格が下落しました。

オペックが原産すれば原油価格は持ち直すものに、オペックは逆に増産しました。

それはオペックが、原油価格をどんどん下げれば、先にギブアップするのはアメリカの方だ、と考えたからです。

オペックは、シェールが頓挫してから、つまりアメリカの石油業界を壊滅的状況に追い込んでから、減産して原油価格を釣り上げればいいわけです。

だから原油価格は下がり続け、だから国際石油開発帝石の株価が急降下したのです。

この検証により、私の推論が正しいことが証明されました。

次の問題は、買うタイミングです。

そんなときです。ロシアの経済危機のニュースを聞きました。

ロシアも産油国ですから、ロシア経済が悪化すると石油の生産量も落ち、市場に出回る原油が減るわけです。

そうなると原油価格が上昇するかもしれません。

そのニュースを聞いたのが、2016年10月27日で、この日の株価は989円でした。

私はこの日、証券会社に「952円になったら100株買うように」という指値注文を出し、その時を待ちました。

そして11月2日の952円100株購入のチャンスがやってきたのでした。

しかしなんと、2日後の11月4日には、934円にまで下落しました。

たった2日で1,800円の損です。

正直「甘かった」と思いました。

「俺ごときが石油相場を読み切れるはずがないんだ」とも思いました。









More
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-07 17:40 | Comments(0)

DeNA社長、守安功氏が、記者会見に応じた。

責任があることを明確にした。

高く評価したい。

「遅い」と言うのは簡単である。

これで幕引きでいいと思う。

「【生中継】WELQなど全10サイトを非公開に DeNAが午後3時半から会見(the PAGE、2016.12.07 10:40)」





.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-07 16:19 | Comments(0)

見えてきた株価2万円 OPEC減産でトランプ相場続く
(2016/12/1日本経済新聞電子版)
 小康状態にあった「トランプ相場」が息を吹き返した。1日の東京市場で日経平均株価は年初の1月4日に付けた高値(1万8450円)を更新した。終値は前日比204円64銭(1.1%)高の1万8513円12銭。11月30日(現地時間)に石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりの減産で合意。原油価格の先高期待と米長期金利の上昇、中国の経済指標の改善と好材料が重なり、「安全通貨」とされる円を売って日本株を買う動きが広がった。年末までに心理的な節目の「2万円」を回復するとの声も上がり始めている。


ということらしい。

なぜ日経がこんなバラ色の記事を書くかというと、この新聞社は日本の株価が上がると喜ぶ会社だからである。

その前提に立ってこの記事をざっくり解説すると、
①日経平均1万8000円ぐらいを「日本株の上限」と感じて投資をしないのはもったいないですよ
②日経平均1万8000円が2万円になるということは、いま投資をすれば11%増えますよ
③だんな、だんな、いま1000万円で株を買えば、じきに1110万円になるんでっせ
と言っているのだ。

最近の日経平均は、1万8000円台の中で行ったり来たりを繰り返している。

これは「もう1万9000円になんてならないべ」という感覚が投資家にあるから、1万8000円台の中で買いと利益確定の売りを繰り返してしまうのである。

そこでに日経新聞は、記者たちの尻を叩いて安心材料を集めさせ、それを元に「日経平均2万は夢じゃない」という「まとめ記事」を仕上げたのである。

こうしたことを踏まえて私の投資行動について紹介する。

実は私も2万はいく、と読んでいる。

ただ私の読みは日経よりは楽観性が弱く、「東京オリパラまでには少なくとも2万円の天井をノックできるだろう」というもの。

そして私には、もうひとつの読みがある。

それは「下手したら2万2000円もありうるんじゃないか」である。

この2段構えの読みが、私流の投資判断を形成している。

私は、日経平均が2万円に到達したら、現在の保有株をすべて売る。

もしそのとき「いやいや、これから2万2000円も可能ですよ」と言われても、売る。

そして、本当に2万2000円になったら、私は心の底から後悔をするのだ。

「儲け損ねた! 俺のバカ野郎!」と。

しかしこの後悔こそが、安心安全確実の株投資だと考えている。

私は、儲け損ねた感がない成功は次の失敗を呼ぶと考えている。

株で重要なのは、買い時より売り時である。

もっといえば、どうやって売り抜けるか、しかない。

そして、個人投資家は、売り抜けることは無理とも考えている。

それでも私は、売り抜けなければならない。

そこで編み出したのが、マージンを大きくとることである。

大きなマージン、それが後悔であり、儲け損ねなのである。

つまり「確実に2万2千円になる」という情報を持っていても、欲をかかずに2万円のときに売る。

これが個人投資家に許される売り抜け戦法なのである。





.

みちゃだめ。絶対にだめ
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-07 09:22 | Comments(0)

自動車業界であれば、工場が操業を止めるようなものである。

DeNAはもしかしたら、日本で一番多くのライターを抱えていたのではないだろうか。

中国なら、工場が閉鎖すると暴動が起きる。

しかし元DeNAライターたちの対応はかなり冷静である。

でもきっと、こういう前向きな発言をする人たちは、間違いのない記事を書いていたのだろう。

welqなどが再開するにしても、全然別のまとめサイトが立ち上がるにしても、旧welqを含むDeNA8サイトほどの雇用能力は期待できないだろう。

つまり国内のライター界は、大きな練習場を失ったようなものである。

●●以下、クラウドワークスに寄せられた、元DeNAライターたちの声。文章は当方で編集している●●

●●
DeNAライターに、クラウドワークス経由で「報酬を支払う」内容のメッセージが来ました。
良かった。信じていましたが。
welq問題の報道では、ライターが悪のように言われていますが、反論させてください。
「情報を集めて専門家ではない一般の人に分かりやすく伝える」ことで、助かっている人もいると思います。
特に医療関係の記事では、専門用語が多い大学病院のホームページは、分かりやすくまとめる必要があるのではないでしょうか。
そのまとめ記事を、専門家が精査すればよい、という話ですよね。
でも、ただでさえ多忙なお医者さんが、まとめ記事の執筆なんでするでしょうか。
そんなことをしたら、原稿料はいくらになるでしょう。
私は経済系の記事を、upinに出稿していました。
「貧乏から抜け出す方法」といった記事です。
中でも「白色申告」に関する記事は、専門的な内容になるのでAmazonで本を買って勉強し、それでも足りないところは税務署に電話をして質問しました。
本代を使って税務署に取材電話をして書き上げても、大した報酬になりません。
でも調べているうちに興味がわき、勉強にもなりました。
私はDeNAのライターの多数は、正しい情報を用いて書いていると思います。
なので「DeNAのライターさん本当にお疲れ様です!」と言わせていただきます。
DeNAのサイトの復活を待とうかとも思いましたが、時間がもったいないので、他者のサイトに応募しました。
今朝、サンプル記事を納品してからパートに出ました。
帰宅してから修正します。
ライターのみなさん、やるっきゃないです!
頑張りましょう。
でも、せっかく書いた記事が公開されないのは、やっぱり残念です。

●●
私のライターデビューは、DeNAの女性向けサイトでした。
1年間書いてきて、ランクアップして、高単価の記事が書けるようになっていました。
手が遅い私にも、担当さんはとっても丁寧に対応してくださり、これからもっと頑張ろうとしていた矢先でした。
ツラいですね。

●●
なんだかんだ言ってDeNAは待遇もよく、書きやすかったと思います。
なのでサイトの復活を待ちたい気持ちがありますが。
ただこのまま無収入が続くのは厳しいので、やはり新しい仕事を探さないと。
でも私と同じような境遇の人がいると分かって良かったです。
今まで一人悶々としていました。
お互い次の仕事が早く見つかるよう頑張りましょう。

●●
私の担当者の方はとても親切でした!
だから今回のサイト閉鎖は心が痛いです。








.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-06 17:21 | Comments(0)

12月5日の株式会社ディー・エヌ・エー(東証1部、2432)は3100円と、前日より185円も値を下げた。

下げ率は5.6%。

かなりの痛手だが、それでも「騒ぎの割には傷は浅い」と感じる。

年初来高値は3,955円、年初来安値は1,532円である。

なるほど。

任天堂との業務提携が解消されるまで投資家は動けないというわけだ。

だから見ちゃダメ
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-06 08:52 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています