これが、行政からの規制をかわすための壁づくりにならないことを願う。

そうではなく、コンプライアンスと利益のぎりぎりの境界線への着地点探しになってほしい。

ネット企業が利益追求を最優先に掲げなければ、後進は育たない。

それにしてもこのITmediaという媒体は優秀だ。

拙記事「元WELQライターからの告発」もここの記事を端緒に書いたものである。

DeNA、キュレーション問題調査で第三者委員会設置 弁護士ら4人
(ITmedia 2016年12月15日 18時00分)

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月15日、医療情報キュレーションサイト「WELQ」に不適切な情報を掲載していた問題を発端として、設置を予告していた第三者委員会の概要を発表した。メンバーは委員長の名取勝也弁護士をはじめとする、4人の弁護士から構成され、調査期間は3カ月程度としている。

 第三者委員会のメンバーは、委員長に元日本アイ・ビー・エム取締役の名取勝也弁護士、委員には元新日本製鐵 常務取締役の西川元啓弁護士、国立情報学研究所客員教授の岡村久道弁護士、元東京地方検察庁特捜部検事の沖田美恵子弁護士の4人で構成する。

 DeNAはこれらメンバーの選定に関して、日本弁護士連合会の「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」に沿っており、同社との利害関係を有していないとしている。また、5日時点の発表では、「社外取締役を含む構成」と発表していたが、「調査等の客観性及び独立性をより厳密に確保」を理由に、メンバーには含めないとしている。

 第三者委員会設置の目的は、「詳細な事実関係の調査および原因究明(直接的な原因のみならず、企業風土、コンプライアンスおよび組織運営体制の課題といった背景となる要因等を含む)ならびに必要な改善提案を行う」としており、調査終了後は、速やかに公表するという。

 「真に社会に受け入れられるインターネットサービスを提供することのできる企業を目指して、第三者委員会の報告をふまえ、役職員に対する必要な処分を含め、抜本的な改革を行います」(同社)






.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-16 01:20 | Comments(0)

「クラウドワークスはtom氏の学べ」の記事に、早速コメントが付いた。

以下の通り。

晒すって言葉の意味がなんか違うような。

晒し者にされたってお怒りですけど、あそこの掲示板に書き込む時点で、全国にすでに晒されてるということをなんでわからないかなぁ。

そんでもって、掲示板に晒した張本人の人に「味方ですよ」といわれて、感激して泣いてるわけだよね。

まぁこっちは、「おもしろい人たちがいるなぁ」と楽しくROMってるだけなんで、このまま続けてもらえばいいんだけども。


tom氏、私はこのコメントにまったく反論できない。

あなたがこれに反論してくれ。

コメント待つ。






.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-16 01:07 | Comments(0)

眠れない。

相方は夜勤なので、話し相手もいない。

それでクラウドワークスの掲示板をのぞいたら、下記の書き込みがあった。

「welqやMERY騒動から、記事を書くってことに対して、発注する側も受注する側も意識改革できたら良いと思う。

それなりの予算で発注してくれたら、ライターだって作業ではなく、しっかり調べて組み立てた文章を書ける。

でも安すぎる予算だと「とりあえず文字数埋めれば良い」という作業になりがち。

きちんと書かれた記事ならトラブルにもなりにくい。

安い金額で記事を大量生産しても、こういう騒動ですべて削除することになったら、企業にとってマイナスにしかならないことが良く分かった、よい事例だと思う。」


それは違う。

と、言いたい。

いや、と、思いたい。

いやいや、違ってほしいと願う。

ギャラが安いから文章の質を落とせるライターなんているのか?

朝日新聞の記者なんて1000万円以上もらっていて、文字単価は1字500円ぐらいになる。

それでも「気」のない朝日記者が書いた記事はWELQ以下だ。

WELQの単価は1字0.5円だから、1000倍のギャラの差があっても、文章の質は逆転する。

WELQ報道で散々取り上げられた「肩こりは幽霊かも」記事は、間違いなく、この1カ月で最も話題になった記事だ。

朝日新聞でも読売新聞でもいいのだが、この1カ月のその2紙の記事で記憶に残っているものは1つもない。

そういう点では、tomsoy氏の文章は、記憶に残っている。

???

何言ってるんだ、私は。

おおお。

焼酎の瓶がほとんど空だ。

酔って書いた。

ごめん。






.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-16 00:58 | Comments(0)

私は株投資を、ネット証券のサイトで行っている。

公衆電話を知らない中学1年生と同じくらい、営業パーソンを通じて株取引をする方法を知らない。

一方、取引先のIT社長は、野村証券経由で株の売買をしているそうだ。

その社長から、野村証券の営業パーソンは、顧客にご機嫌伺いをするとき、巻き物の手書きの手紙を送ると聞いた。

もちろん、巻き物は社長にも届く。

ネット証券と野村証券はどちらがすごいのか、時価総額を調べてみた。

野村証券時価2,864,628百万円

大和証券時価1,336,525百万円

2トップは「兆円」規模である。

一方、ネット証券の2社は次の通り。

松井証券時価263,413百万円

GMOクリックホールディングス103,232百万円

計算は2016年12月15日の株価で行った。

ネット証券2社を足しても、業界2位の大和の4分の1に過ぎない。

ネット株取引は、個人投資家に多いと思うのだが、個人投資家の支持を集めても高が知れている、ということか。

結局、相場を動かしているのは機関投資家で、彼らを動かすのは人、つまりアナログ力、つまり野村の巻き物なのかもしれない。

ちなみに私、野村株を持っている。

社長の話を聞いて、しばらく保持しておこうと決めた。

トランプラリーで含み益が出ているが、巻き物が出ているうちは、まだまだいけそうだ。





.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-16 00:38 | Comments(0)

e0362164_17113674.png


ソアラやスープラなどのクーペを除いては、トヨタ初ではないだろうか。

格好良さのために便利さを捨てたクルマは。

これまでのトヨタ車に「こうすれば買うんだけどな」と感じた部分が、すべてそうなっているクルマである。

マツダCX-5も、ホンダヴェゼルも、日産ジュークも吹っ飛ぶな、こりゃ。

ていうか、自分のところのハリアーも吹き飛ばすだろう。

いや、スバルのレヴォーグやインプレッサもやられるぞ。

いやいや、ワーゲン、アウディ、ボルボ、BMW、ベンツの低い価格帯も無傷で済まないだろう。

すごいクルマだ。

まさに横綱相撲。

そして究極の後出しジャンケン。







.
[PR]
# by cwhihyou | 2016-12-15 17:05 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています