週刊文春が「NHKがひた隠す、受信料ネコババ職員の自殺」というスクープ記事を掲載するそう。

多分、すごい記事だが、yahoo!ニュースではそれほど上位にはなっていない。

すごい記事とカネになる記事は違うんだなあと3分間。







.

NHKがひた隠す、受信料ネコババ職員の自殺
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-11 09:03 | Comments(0)

死の医療

医療はより生きさせるために存在している。

「より健康に」「より長生きに」は、絶対的な正のテーマなので、いくらカネをつかってもいいし、なんなら多少なら倫理を踏みつけてもよい。

それが絶対的な正の強さである。

しかし、強さはすぐに横暴になる。

それが現代の「医療関係者儲けすぎ」問題である。

簡単に年収1千万円をゲットできる労働環境や、1年で3500万円も支払わなければならない薬の存在は、横暴である。

しかし、医療関係者は絶対的な正の追及者なので、平気な顔をしている。

以上のことは経済学的、行政学的な見方であるが、視点を庶民に移してみる。

庶民はかなり広く儲けすぎている医療関係者を許容している。

ただ庶民の場合、医療の絶対正からそのような寛容な態度を示しているというより、医療に対するそこはかとないリスペクト感情から、医療関係者にカネを払うことに対して平気なんだと思う。

こうした庶民感情もまた、医療関係者をカネの亡者にしていく。

つまり、庶民によるチェック機能の欠如が、医療費の膨張を生んでいるといえる。

そこで提案したいのは、「より健康に以外の医療」「より長生きに以外の医療」「相対的な正の医療」つまり、「あまり賃金が高くない医療関係者による医療」である。

それを「死の準備の医療」または「死の医療」と名付けたい。

高齢化社会から高齢社会になり、いまの日本は超高齢社会にまで発展した。

超高齢社会の次は、多死社会である。

つまり、あと5年もすると、葬式への出席で会社を休む人が続出してビジネスが回らなくなったり、そこら中に死体がごろごろしている社会になる。

つまり、死はウンコや使用済みペットボトルと同じくらい、「日常的」な「迷惑なもの」になるのである。

しかし当然のことながら、「死」と「ウンコと使用済みペットボトル」は区別されなければならない。

ウンコもペットボトルも燃やしてしまえばいいだけだが、死は燃やす前に霊を悼まなければならない。

つまり、死の医療はスピリチュアルとは無縁では存在しえない。

これが安楽死と死の医療を分ける境目となる。

(続く)






.

資料
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-11 08:17 | Comments(0)

スポーツ用品大手のアシックスが、クラウドワークスに新店舗のネーミングを募集している。

賞金10万円。

名前を1個考えるだけ。

ハードルが低い割にギャランティが破格。

クラウドワークス内でもすごく条件が良い案件で、だから既に2000件以上の応募がある。

私は「アシックロス」と「アシックロスロード」の2案を送った。

ちょろいかなあ。ちょろいな。

でも、なんか宝くじみたい。わくわく。

業務内容は下記の「more」を参照方。

さて、
この仕事は、クラウドワークスが理想とする形なのではないか。

①ネームバリューのある企業からの発注
②ギャラが良く、フリーランスから喜ばれる
③仕事も簡単
④広告代理店チックな雰囲気

華やかで、全然貧乏臭くない。

おめでとう、クラウドワークスさん。

さてさて、
でもアシックス的にはどうなんだろうか。

仮に良いネーミングがゲットできれば、10万円は安い。

というより、安すぎる。

クラウドワークス的には信じられないギャラだが、アシックスほどの企業だと10万円はかえってみみっちい。

しかも、これだけ大規模な店舗のネーミング募集キャンペーンを公開しないのは「特上の広告機会」を無駄にしているようにも感じる。

それとも、公開募集もしているのだろうか。

よって、上記の「④広告代理店チックな雰囲気」は、アシックスにとってはマイナス効果にも感じられる。

つまり、アシックスの新店舗の輝きは、クラウドワークスに集まる貧乏人たちのドヨーンとした空気に似つかわしくないのである。

まあ、それだけに10万円なのかもしれない。

「ドブに捨てたつもりで、試してみるか」的な。

というのも、3000件の新ネーミングを集めても、そこから選ばない可能性がある。

過去にもクラウドワークスに出てきたビッグネームの仕事にトライしたことがあるが、そのときもたくさんの応募があったが、結局1件も採用されなかった。

その場合どうなるかというと、10万円を挑戦者たちの人数で割って、それがそれぞれの挑戦者に支払われるのである。

つまり、今回のアシックスの案件に5000人がアイデアを送り、アシックスがどれも採用しなかった場合、挑戦者たちには20円が入金されるのである。

まさにドブに捨てるようなものである。

これは、クラウドワークスのビジネスモデルの矛盾が露呈したといえるのではないだろうか。

矛盾とは、アシックスに参加をうながす一方で、ビジネスパーソンの水準に達していない者たちも集めてしまったことだ。

大富豪と生活保護受給者を同じ風呂に入れるようなものである。

クラウドワークスの掲示板「今日のつぶやき」には、きょうも変な人たちが投稿を続けている。

アシックスの仕事も興味深いと思うけど、変な投稿も知りたくないっすか?

それで「more」に転記した。参照方。







.



tehehe,mataerasouniiccyatta


.

more
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-10 12:33 | Comments(0)

日本が「10億円やったべや。総領事館前の慰安婦像を撤去しろ」と言って、韓国が「じゃあ10億円返す」となれば、日本、圧倒的に不利じゃんか。

謝れ。

謝りたくなければ、謝ったふりをしろ。

謝ったふりもしたくないなら、根回ししっかりしろ。

根回しが嫌なら、付き合うな。

けど日本は、韓国と付き合うといろいろとおいしい。

だから、付き合った方がいい。

なら、根回ししろ、ということにならんか?

10億円、日本に返還を=慰安婦合意で韓国野党幹部
(時事通信 2017/1/10)

 【ソウル時事】韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表は9日の幹部会議で、慰安婦問題をめぐる合意に基づき日本政府が韓国の財団に拠出した10億円について「早期に返すべきだ」と述べた。

 「予算が足りないなら、国会で予備費を計上すればいい」と指摘した。

 安倍晋三首相は、釜山の日本総領事館前の少女像設置に関し、「日本は10億円の拠出を既に行った。次は韓国がしっかり誠意を示していただかなければならない」と述べたが、禹氏は10億円の拠出と少女像設置問題の関連付けに強く反発した格好だ。

 禹氏は「韓国が日本を相手に詐欺を働いたというような話まで出ている」と述べ、「韓国外相は抗議もできない。このような屈辱があろうか」と批判した。 

[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-10 09:07 | Comments(0)

追加したり、追加に追加したりすると、結局は大きく損をする。

せっかく1兆円も出すのに、追加っぽくなってしまった。

トランプはきっと「ほらな、俺が吠えればカネになるだろ」と言っている。

つまり、トランプは「おお、トヨタさーん、ありがとう」とは言わない。

ほんでもってメキシコ工場は計画通り建てるわけで、そうなるとトランプは「おいおい、1兆円出してそれで許せってか、俺をなめるなよ」となっちゃう。

一方の孫は、わざわざトランプタワーに乗り込んで「出しますよ」と言った。

こういう献金の仕方だだと、トランプも「うむ、おぬし、気が利くな」となる。

孫氏と章男氏では、修羅場の数が違うということか。

トヨタ、米で1.1兆円投資 社長が表明 トランプ政権にらむ
(日経2017/1/10)

 【デトロイト=奥平和行】トヨタ自動車の豊田章男社長は9日(現地時間)、同日に米デトロイトで開幕した北米自動車ショーの会場で記者会見し、今後5年間に米国で100億ドル(約1兆1600億円)を投資すると正式に表明した。トランプ次期米大統領が自動車メーカーに米国での投資や雇用を拡大することを求めており、応える格好になる。

 トヨタは米国の主力車種である主力セダン「カムリ」の全面改良車を発表し、併せて雇用や投資についても説明した。豊田社長は米国で13万6000人を雇用していると述べ、さらに過去60年間で220億ドル投資した実績を強調した。

 新型カムリなど新開発・設計手法「TNGA」に基づく新車の立ち上げを控えており、投資は生産設備や金型の導入に充てる計画だ。既存ラインでも生産性など競争力の強化に向けて投資するほか、テキサス州で進めている北米新本社の建設や、人工知能(AI)研究開発子会社の設備投資にも充てる。

 同日、取材に応じた米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター上級副社長は100億ドルの投資がトランプ氏の要請に応えたかとの質問に対して「未来への投資だ」と回答した。焦点となっている雇用を増やすかどうかについては「具体的に決まったものはない」と述べるにとどめた。メキシコの生産計画は「変更しない」と言明した。


トランプ氏、孫正義氏を「マサ」 面識なく会談直後に
(朝日2016年12月7日)

ソフトバンクグループの孫正義社長は6日午後(日本時間7日未明)、トランプ次期米大統領とニューヨークのトランプ・タワーで会談した。孫氏は会談後、米国の新興企業などに総額500億ドル(約5兆7千億円)を投資し、約5万人の新しい雇用をつくると約束したことを明らかにした。

孫氏はトランプ氏と約45分間にわたって会談。会談終了直後にトランプ氏は、ツイッターで孫氏が示した投資と雇用創出についての計画を紹介。さらに孫氏をファーストネームで呼び、「マサはわれわれが選挙で勝たなかったら、この投資を決してしなかっただろうと言ってくれた」と連続でツイート。自身の手腕が大規模な投資を呼び込んだとアピールした。

会談後、両氏はそろってトランプ・タワーのロビーに登場し、トランプ氏が孫氏を見送った。孫氏は日米記者団に対し、「トランプ氏は積極的に規制緩和を推進すると話していた。私はそれはすばらしいことだと思っており、もう一度ビジネスをする国として米国にチャンスがやってくると考えている。米国は再び偉大になる」と述べた。孫氏はトランプ氏と面識はなく、共通の知人を介して、最近面会を申し込んだところ実現したという。

[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-10 08:37 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています