中国について

日本には日本人がいる。

アメリカにも、イギリスにも、アメリカ人やイギリス人がいる。

しかし中国にいるのは、中国に住んでいる人だけだ。











.
doukore,nankakakkoiidesyo
nanchatte
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-22 08:27 | Comments(0)

東芝がいよいよ危ない。

虎の子の医療部門を売却し、今度は「経営の柱にする」としていた半導体も売り、そして今朝のニュースによると、これからも売れるものはなんでも売るそうだ。

東芝、半導体以外も売却…3千億円規模確保へ
(読売新聞 2017/1/20)
東芝の米原子力事業を巡る損失額が、最大7000億円規模になる可能性があることがわかった。
負債が資産を上回る「債務超過」を避けるため、半導体事業の分社化で数千億円を調達するほかに、他の事業を売却するなどして別途、3000億円規模を確保する。巨額損失は、東芝の解体的出直しを招きかねない事態に発展した。
巨額損失が生じるのは、東芝の米原子力発電子会社「ウェスチングハウス」が2015年12月に買収した原発建設会社の価値が、当初の見積もりよりも大幅に低くなったためだ。
東芝は工期の遅れに伴う原発の建設コストの増加など、様々な要因を基に損失額を計算中で、関係先には4000億円から7000億円と幅広い可能性を示しているという。実際に計上する損失額は、監査法人などと詰めの調整をしている。


なんでも売るってことは、最後は東芝を売るってことだから、つまり破綻か。

それもやむなしだと思う。

日本がこれだけ縮小しているのだから、悪さをした電機メーカーの1つや2つは潰れてもよいのかもしれない。

さて、
これまでの東芝の流れを見ると、「①悪さをした」→「②発覚した」→「③処理をした」→「④元に戻る感じだった」→「⑤もっと大変になった」→「⑥また処理をする」という6つのフェーズに分けることができる。

⑥が今日現在である。

「②発覚した」ときに株価が下がった。

私はこのとき東芝株を買った。

そして「③処理をした」の直後に全株を売って、それなりの利益を得た。

ところがその後「④元に戻る感じだった」のフェーズに入り、株価はさらに上がった。

つまり私は、大金を儲け損なったのである。

「⑤もっと大変になった」は以下の記事のタイミングである。

原発損失7000億円に拡大も=政投銀に支援要請―東芝
(時事通信 2017/1/19)
 東芝の米原発事業の損失が最大7000億円規模に膨らむ可能性があることが19日、分かった。資本の大幅な減少は避けられず、東芝は主力の半導体事業への出資受け入れを検討するとともに、政府系の日本政策投資銀行に対し、資本支援を要請する。主力取引銀行とも同日協議し、再建策の策定を急ぐ。
 巨額損失の発生は、米国における原発工事コストの上昇が原因。東芝は2015年末に、子会社の米原発大手ウェスチングハウスを通じ、米原発建設会社を買収。米国内で原発4基の建設を進めていたところ、想定外の費用増に直面した。
 東芝は原発損失について、当初は金融機関に1000億~5000億円と説明していた。現在、監査法人と最終的な損失額の確定に向けた協議を続けている。


この記事の日付は1月19日。

今日は1月20日で、今日はすでに「⑥また処理をする」のフェーズに入ったので、⑤と⑥は1日しか違わない。





さて、以下は私の「株日記」である。

(執筆中)

2016/1/26火"東芝株がようやく200円にまで下がり、買いが成立した。



次アクションは売りだ。「598円」になるまでじっと我慢である。598=1993年からの最高値1197円(2000年6月)×50%"


2016/4/25"日経に「東芝、国有化?」の記事。米原発子会社ののれん代の処理がどうの、債務超過になるのこうのという内容。先週金曜は247円まで上がっていた。国有化のストーリーでは、最悪ケースは紙くず、最良ケースは安定。で、最悪ケースを採用。月曜のきょう午前8時30分、250円で売り注文を出した。午前9時が待ち遠しい。高騰しても落ち込まないようにしよう。

午前9時、251円で売却できた。東芝株では5万円の利益。当初の目標であった「500円で売る」には遠く及ばない。ただ「国有化=倒産」である。倒産のタイミングを見極められるほど、私は優秀ではない。株については決して危ない橋は渡らない。"




2016年12月14日 467.8
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-20 09:07 | Comments(0)

クラウドワークスは現在のところ、ブランド化に失敗しているといえる。

なぜなら、クラウドワークス経由の仕事がコンスタントに入ってくるようになると、「クラウドワークス仕事を早くやめたい」と考えるようになるからである。

スキルが上がれば上がるほど、クライアントからの評価が高まれば高まるほど、「クラウドワークスにしがみついている自分」が嫌になるのだ。

「クラウドワークス経由でしか仕事もらえていない自分はまだまだだ」とか「クラウドワークスに仕事をもらってる有象無象から抜け出したい」という感情が沸き起こるのである。

「クラウドワークス」イコール「うれしくない場所」という認識が定着している。

これを「クラウドワークスからの卒業」と美談にするのは簡単だが、それでいいのか、クラウドワークス。

学校業界では「卒業」は良いことだが、ビジネスの世界では、顧客に卒業されたらすぐに倒産してしまう。

つまり、クラウドワークスは、せっかくサイトの力で良質な労働者を作り上げているのに、カネを稼げるようになった途端逃げられてしまうのだ。

例えばJTBなら、学生向けの旅行の企画を作ったら、その中に「社会人になったらグレードの高い旅をしたい」と思わせる仕掛けを潜ませている。

そうすることで、収入が上がったときでもJTBの旅を選んでもらえるのだ。

例えばトヨタなら、ヴィッツで満足させつつも、絶えず「プリウスはもっと良いですよ」「クラウンハイブリッドはもっともっといいですよ」とやっている。

だから顧客はヴィッツに不満がないのに、「ステップアップしたい」と思ってしまうのである。

このままではクラウドワークスは、言い訳者と怠け者たちのたまり場になってしまうだろう。

クラウドワークスは仕事を出しているクライアントを顧客と思っているようだが、クラウドワークスの真の顧客は、フリーランスである。

クラウドワークスとランサーズの活躍で、国内のクラウドソーシングの基礎は出来上がった。

しかし、基礎を作った企業が退場させられることは珍しくない。

介護のコムスンしかり、スーパーのダイエーしかり。

今後は、フリーランスを上手に儲けさせるサイトが、クラウドソーシングの王者になるだろう。









tokanantokaiccyattarisicyattarisite,tehe





.
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-19 10:23 | Comments(0)

日本経済新聞社のすごいところは、情報産業でありながら、取材活動で得た情報を売るだけでなく、その情報で自ら新たなビジネスを展開していることである。

朝日新聞や中日新聞などが「俺たちはそんな下品なことはしない」と言って敬遠することを、日経は平気にやってカネ儲けしている。

そして驚くべきことに、そういうことをしているお蔭で、情報の質も高まっている。

朝日や読売や中日新聞や北海道新聞の情報は、危なっかしくて使い物にならない。

このブログの記事の元ネタにするくらいには役立つが、自分の行動を決めるときの資料には使わない。

なぜ日経の記事だけが信頼を勝ち得ているかというと、日経は「ビジネスパーソンに使い物にならないと判断されたら死活問題」という気合を持って情報を集めているからである。

その点、特に朝日は「正義」などというあやふやなものをベースに記事を組み立てるので、どうしても完成した記事は歪みに歪んでいる。

NHKの幹部が「マスメディアの中で新聞が一番先に滅びるな」と予言して20年経つ。

ぼろぼろの毎日新聞も生き残っているので、その予言は大外れもいいところである。

しかしその幹部は「新聞の中で生き残るとしたら日経だけだな。あそこは経営理念が他の新聞社とはまるで異なる」とも言っていた。

20年前の私は「そんなものかなあ」という気分で聞いていたが、20年経ったいまの私は、その人の見立てを100%支持する。

クラウドワークスのヘビーユーザーである私は、クラウドワークスにはぜひとも日経のような柱を築いてほしいと願うのである。






.
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-18 11:33 | Comments(0)

クラウドワークスには、ここに登録するフリーライターが愚痴をこぼす掲示板がある。

これを読んでいると、質の高い文章を書いている人と、質の低い文章しか書けない人がいることが分かる。

さて、クラウドワークスのその掲示板には、フリーのSEたちの愚痴も載っている。

フリーSEたちの発言を読んでいると、彼らのほとんどは最低レベルをクリアしている人たちと見受けられる。

つまり、フリーライターは寿司屋で、フリーSEはパティシエである。

寿司は、酢飯を団子状にして生魚の切り身をのせただけでも寿司である。

ロボットが握っても寿司だし、一流の職人が握っても寿司である。

しかしケーキはそうはいかない。

牛乳と小麦粉と卵と砂糖とバニラとイチゴを混ぜても、ケーキはできない。

どんな素人であっても、スポンジを作り、クリームを作り、イチゴをのせる作業を学ばなければケーキを作ることはできない。

混ぜ方も焼き方も、混ぜ時間も焼き時間も決められた通りにやらないと、あのケーキの形にはならない。

料理教室で習った人のケーキと一流のパティシエが作ったケーキは全然質は異なるが、両者とも「ケーキ作りを習った」という点は共通している。

クラウドワークスの掲示板で「原稿を送ったら没になった」「ギャラが安い」「何を書いたらいいのか分からない」「文章が書けない」と嘆いているフリーライターは、新聞記事の写経をしたことがあるのだろうか。

たった300字の原稿を書いて、3人以上の人から罵倒されたり書き直しを命じられたりして、その上それが没になった経験をしたことがあるのだろうか。

そうした経験を経ずに、どうして不特定多数に向けて「私の文章はカネにならない」と公言できるのだろうか。

どうして夏の沖縄の屋外でたこ焼きを焼こうと思い、どうして冬の摩周湖の凍った湖上でかき氷を食べようと思うのだろうか。

スキルのあるライターの「1字1円の仕事がほしい」という嘆きと、感想文にも作文にも達しない文章しか書けないライターの「1字1円の仕事がほしい」という嘆きが、同じ場所に掲示されているのは、とても滑稽である。

プログラミングをしようと思って、パソコンのキイボードの「A」を20回叩いても、コンピューターは動かない。

しかしワードを開いてキイボードの「A」を200回叩けば、「ああああああああああああああああああああ」となる。

そして「これば私の詩です。題名は『たくさんのあ』です」とでもいっておけば、詩にならないこともない。

プログラミングはコミュニケーション手段ではないが、文章はコミュニケーション手段だから、文章のハードルはとても低い。

だから、カネになる文章と、幼稚園児のお絵かきのような文章を区別するのは難しい。

しかし、カネになる文章は、きちんと動くプログラミングと同じぐらい、価値がある。

そして、保育園児のお絵かきのような文章は、「AAAAAAAAAAAAAAAAAAAA」というプログラミングと同じくらい無価値である。

さて、
長々と何が言いたいのかというと、言葉が汚くなるからMoreに隠す。










.

More(でも開かん方がいいぜ)
[PR]
# by cwhihyou | 2017-01-17 23:22 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています