写経、日経の記事2017.4.20

フェイスブック、脳で操作するコンピューター技術を開発へ
米フェイスブックは19日、頭に思い浮かべるだけで文章が書けるコンピューターの入力技術の研究開発を進めていることを明らかにした。
「ダイレクト・ブレイン・インターフェース」と呼ぶべきもので、数年以内の実用化を目指している。
脳でコンピューターを操作する技術の研究は著名起業家のイーロン・マスク氏も取り組んでおり、注目を浴びそうだ。
シリコンバレーで開催中の年次開発者会議「F8」で、同社の先端技術研究部門「ビルディング8」を率いるレジーナ・デューガン氏が明らかにした。
フェイスブックは社内に60人の技術者からなるチームを発足。
外科手術で特殊なセンサーを脳に埋め込む代わりに、光学画像装置を使って外側からの脳の動きを読み取り言葉に変換する技術の確立を目指している。
当面の目標は「1分間に100個の言葉を、思い浮かべるだけで入力できるようになること」(デューガン氏)だという。
マスク氏は最近、「ニューラリンク」と呼ぶ新会社を設立し、小型電極を脳に埋め込んでコンピューターと接続する技術の研究に乗り出したと明らかにしている。



[PR]
# by cwhihyou | 2017-04-20 09:02 | Comments(0)

写経、日経社説2017.4.19

新技術で音楽市場の拡大を
音楽ソフト世界首位の米ユニバーサル・ミュージック・グループが、スウェーデンの音楽配信大手スポティファイとの間で、楽曲を提供する際の条件を見直すことに合意した。
著作権を守りながら配信を増やす狙いだ。
著作権を重視するコンテンツ企業と、使いやすさを重視するネット配信企業は、摩擦を生むことが多かった。
ユニバーサルとスポティファイの取り組みは、共存を目指す新たな試みといえる。
スポティファイは、パソコンなどに情報を保存しないストリーミングという技術を使い、多数の楽曲が聞き放題となるサービスを提供している。
広告が入るサービスは無料で、しかも有料版と同じ楽曲を聞けるようにしてきた。
無料のサービスで利用者の裾野を広げ、有料版の利用者へとみちびく。
こうした事業モデルはネット企業の間で広がっている。
ただスポティファイに対しては、一部の歌手が対価が不十分と主張し、配信を取りやめる動きも出ていた。
今回の枠組みでは、CDアルバムを発売から2週間は有料版の利用者だけが聞けるようにして、著作権に配慮する。
米国の音楽ソフト市場では、CDの販売が急速に減る一方、ネット経由で端末に情報を取り込むダウンロード型の違法配信が深刻になったことがある。
そのため米国の音楽ソフト会社は、ストリーミングなど新技術の活用を積極的に進めてきた。
それが奏功して2016年に音楽ソフト市場は11%拡大し、けん引役であるストリーミングの比率は初めて過半を占めた。
一方、日本では動きが鈍い。
音楽のネット配信では一時、携帯電話向けを世界に先行して広げたが、ストリーミングで出遅れた。
主力のCDの販売は減少が続き、音楽ソフト市場は縮小している。
音楽に限らずコンテンツの輸出拡大は日本の成長戦略の柱のひとつだ。
それには自国市場の健全な発展が前提になる。
日本企業も新技術を積極的に活用すべきだ。
.
.


[PR]
# by cwhihyou | 2017-04-19 12:26 | Comments(0)

コンテンツは持っている。

つまり、そこそこ掘り下げた趣味があるので、これを文章化すれば「売れる文」になる。

本稿は、そういう状態にある人向けのアドバイスである。

でも、いつもクライアントから書き直しを命じられ、書き直しても「どこを書き直したんだよ!」と叱られる。

そんな人はmoreをのぞけ!
.
.
.
.



More
[PR]
# by cwhihyou | 2017-04-18 08:10 | Comments(0)

日経2017.4.18
全コンビニに無人レジ、大手5社、流通業を効率化、ICタグ一斉導入
セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入する。
カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグを使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する。
深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上につなげる。
経済産業省と共同で発表する「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」に、25年までにセブンイレブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ、ニューデイズで取り扱う全ての商品(計1000億個)にICタグを張り付けると明記する。
コンビニで買い物をする消費者は商品をカゴや袋に入れたまま専用機械を組み込んだ台に置くだけで会計できる。
スーパーではバーコードを一つ一つ読み取るセルフレジが広がりつつあるが、日用品を扱う大手がカゴごと瞬時に会計できる仕組みを全面導入するのは世界でも例がないという。
コンビニ大手5社が共通のICタグを使うことで納入業者が異なる規格に対応する必要がなくなる。
経産省は各社の系列のスーパーやドラッグストアなどに活用が広がることを期待している。
ICタグは厚さ1ミリメートル以下で、商品の包装に組み込む。
RFID(無線自動識別)と呼ばれる技術を使い、商品情報を書き込んだり内容を機械で読み取ったりできる。
ICタグを読み取るレジは1台100万~200万円の見通しで、全国のコンビニ約5万点に導入すると500億~1000億円の新たな投資が発生する可能性がある。
経産省はコンビニやIT(情報技術)企業、食品メーカー、物流業者などを集めた協議会を年度内に発足させる。
コンビニ各社は18年以降、首都圏など都市部の店舗からセルフレジ化を進める。
タグには商品が作られた日時や工場、消費期限などの情報も書き込める。
遠隔でも閲覧可能で、メーカーは商品の販売状況を即時に把握できる。
生産体制を迅速に整えたり、販売計画を立てたりできるようになる。
メーカーが店頭の需要に合わせた商品を提供することでコンビニから返品される商品も少なくなり、物流業者の負担抑制にもつながる。
消費者もインターネットを通じて自宅から産地や消費期限を確認できる。
大手コンビニ5社がITタグ導入に踏み切るのは、人手不足が一段と深刻化しているためだ。
コンビニを含む小売店のアルバイトの有効求人倍率は17年2月時点で2.8倍と高止まりしている。
コンビニ5社は店員を全く置かない無人店舗の設置も進めえる考えだ。
課題はICタグの生産コストだ。
現在は1枚あたり10~20円程度で、数十円の商品も取り扱うコンビニでの導入の壁となっている。
経産省は技術開発と量産化に向け、タグを開発する企業への補助金などで普及を促す。
.
.
.













[PR]
# by cwhihyou | 2017-04-18 08:01 | Comments(0)

安倍も大変だな。

せっかく北朝鮮が盛り上がって、国民の目をアッキード事件からそらせられそうになった矢先に、またバカクリョウの暴言。

「がん」って言っちゃう品のなさを脇に置いておくと、「学芸員は観光をやれ」っていうのは、ものすごく気持ちが分かる。

自分たちは学者に近い位置にいると勘違いしている学芸員も少なくないと思う。

学芸員たちは、その名の通り、芸を身に付けるべきだ。

タモリが散歩するだけでなんか楽しい番組になっている「ぶらタモリ」には、多くの学芸員が登場する。

タモリが興味を示したモノに、次々と解説を加えていく。

この形態は「知的な観光」として成立する。

市立博物館や市立美術館の学芸員たちは公務員なんだから、市観光課の同僚たちと「ブラうちのマチ」を企画すべきだろう。

学芸員自体が観光資源となるべきだ。

さて、さっき脇に置いておいた、「お前こそがん大臣だ」こと山本幸三氏を戻してみる。

学芸員に「観光接待」という「もうひとつの仕事」をさせるなら、お前も仕事を増やせ。

学芸員たちを陽気に躍らせるタモリみたいな役を担え。

でも無理か、俺、お前の名前、初めてきいたぞ。

お情けゴッツアン大臣だもんな。
.
.
.
山本担当相、「学芸員はがん」撤回し陳謝=菅長官、閣僚に注意喚起

(時事通信 2017/4/17)
 山本幸三地方創生担当相は17日、大津市での16日の講演で「一番のがんは文化学芸員」などと発言したことに関し、「適切でなかったので反省し撤回しおわびしたい」と陳謝した。

 都内で記者団の取材に答えた。

 16日の山本氏の発言は、観光と地方創生に関する質疑の中で出た。学芸員について「観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」などと語った。

 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、山本氏の発言について「学芸員の方々にも、より観光マインドを持ってもらいたい趣旨の発言だったと理解している」と説明。その上で、同日朝に山本氏から「言い過ぎだったので撤回し謝罪したい」との報告があったことを明らかにした。

 菅長官は「閣僚は常に閣僚としての責任を持って発言してほしい」と注意喚起した。
.
.
.


[PR]
# by cwhihyou | 2017-04-17 19:05 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています