クラウドワークスでのライティングで食べていけるのか

Commented by 匿名 at 2016-11-28 14:11 x
勉強になりました。ありがとうございます。ライターになりたいわけではないのですが、鬱気味で会社出勤が出来ないので、在宅業務を行いたいと思っておりましたので、参考になりました。ありがとうございます。クラウドワークスで腕を磨いて、直接契約をもらえるように頑張ります!

Commented by 匿名 at 2017-10-16 23:52 x
クラウドワークスでライターをしています。月10万円ぐらい稼いでいます。ここでは、大きく稼げないこともわかりました。仕事がない時のお小遣いサイトにします。

上記のコメントは、このブログ宛にいただいたもの。
クラウドワークスのライティングの仕事を拾っているだけでは食べていけないのだろうか。
私見を披露したいと思う。
(moreへどうぞ)
.
.
.




私はそれを「クラウドワークスの罠」と名付けている。
「アンケートに答えて10円」や「600字の感想記事200円」といった仕事のことである。
結論から言うと、このような仕事に1件でも手を出してしまうと、罠にはまる。つまりライティングだけでは食べていけなくなる。

こうした案件はとても簡単だから、頭も時間も使わないで済む。だから一見すると、「人生の中の無駄な時間をカネに変える効率の良い仕事」に見える。

ところがそうではない。
サラリーパーソンが10円アンケートや600字200円をやる分には構わない。それでタバコ代がまかなえるなら、気晴らしになるだろう。
しかしライターとして食べていこうとする人がこれに手を出すと、どのタイミングで抜け出していいのか分からなくなる。
「自分が本当に書きたいテーマの執筆や本当に希望するギャランティでの執筆」と「10円アンケートや600字200円」の境界線があいまいになってしまうからだ。

フリーで働くには、メリハリが必要だ。仕事をする時間とそうでない時間のメリハリも重要だが、それよりも大切なのは、「仕事と仕事じゃない」のメリハリだ。

「フリーライターです」と名乗るようになると、知人から「じゃあ、こんな感じの文章を書いてみてよ」と言われるようになる。
それに応えて、本来なら1万円もらってもおかしくないしっかりした記事を書いて知人に渡したとする。
ライターのほうではカネをもらうつもりはなかったのだが、知人が謝礼に5千円をくれようとしたとする。
本当にライティングで飯を食べていきたいなら、謝礼を断るか、5千円ではなく1万円を請求しなければならない。

もし「ゼロ円よりは5千円のほうが嬉しい」と感じて5千円を受け取ってしまったら、それはその知人に「私の仕事の単価はそんなもんですよ」と言っているのと同じになる。
つまりその知人は、「本来は1万円のバリューがある文章を5千円で買えた。だから5千円儲けた」とは絶対に思わないのである。
これはプライドの問題ではなく、労働経済の問題である。

もし知人が「これだけの文章をただでもらうわけにはいかない」と言ってくれたら、ライターを志す者ならこう言わなければならない。

「もしこの文章を買い取ってくれるなら、ビジネスにしたいのですがよろしいでしょうか。あなたが高く評価してくれたように、十分なリサーチをしましたし、構成も工夫しました。通常1万円はいただく内容になっていますので、それだけいただけますでしょうか」

クラウドワークスで600字200円の仕事をするということは、自分の労働を時給200円で売ったも同然である。ご存知のことと思うが、時給を100円上げることはとても大変である。大体半年はかかるだろう。
ライターとして食べていくには、最低でも時給1,500円は必要である。つまり、時給200円を1,500円に上げるには6年半もかかってしまう。干からびてしまうだろう。

では、文章スキルが低く、1字1円の記事すら没になる人が何をすべきかというと、無料の仕事をこなすことである。
もしクラウドワークスの業務メニューの中に自分が書きたいテーマがあったら、クライアントにテストライティングを申し出るとよい。
そして正直に「自分は文章スキルが高くないので、もしかしたら御社の水準に達しないかもしれません。その場合はギャランティは請求しません。ただ、修正すればなんとか使えそうな原稿をご提示できたら、修正指示の上、ギャラをお支払いいただけますでしょうか」と伝えるのである。

これを50回も重ねれば、クラウドワークスの1字1円ライティングで没になることはなくなる。
1字1円までたどり着ければ、1日1万字書き、30日間1日も休まなければ月商30万円になる。これなら食べていける。

ただ、残念ながら、普通のライター志望者はこれを50回もできない。途中でくじけて「クライアントにこんなにバカにされるくらいなら、10円アンケートや600字200円記事をやろう」となる。
だからクラウドワークスの罠なのである。

1字3円ライティングをゲットするコツは、また別の機会に述べる。
.
.
.

[PR]
by cwhihyou | 2017-10-24 12:00 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています