【再掲】河野太郎、すごいな。稲田が辞任したらお前のせいだろ【南スーダン日報問題】

【この記事は2017年 02月 15日 に掲載したもの。閲覧数が多いので再掲する】

河野太郎は、公文書大臣なんてのになっていたんですな。
.
変な大臣だが、それでも天皇陛下から記念品をもらえるんだから、やっぱり大臣になりたいんだろう。
.
河野太郎は父親の洋平に肝臓を分けてあげたり、2世には違いないんだけど地盤を世襲しなかったりと、ガッツのある自民党政治家である。
.
この人が総理になればいいのにと思うのだが、私の評価が高い人は必ず出世しない。
.
さて、南スーダンの日報問題だが、まず私の感想を述べるなら、日報に「戦闘」と書こうと、「戦闘っぽい」と書こうと、「武力衝突」と書こうと、「なんかもめてまっせ」と書こうと、どうでもいい。
.
日報に「戦闘」と書いちゃったのは明らかなミスだが、そんなミスは、南スーダンでの自衛隊の活動の意義に比べたら、何の意味もない。
.
野党は、日報の文言について云々するのではなく、南スーダンでの自衛隊の活動について「意義がない」と言えばいいのだ。
.
しかも、捨てられたと公表された日報が存在していたことを暴いたのは、野党ではなく、大臣経験のある自民党議員、河野太郎だ。
.
「大臣にしてもらったけど、そんなの恩に感じる俺じゃないもんね」という態度の河野は格好いいが、それに乗じて自民党を攻める民進党は、ほんとおおおおおおおおおに、格好悪いと思う。
.
自分でゲットしたネタで戦わない奴を、私はものすごおおおおおおおおおく軽蔑する。
.
ma,orekarahikyounoretteruwohararetemokuyasikunaidaroukedosa,tehe
.
.
.
.





<南スーダンPKO>防衛相「戦闘」を弁明、日報「法的意味ではない」
(毎日新聞2017年2月9日)

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の昨年7月の日報に、南スーダン政府軍と反政府勢力との間で「戦闘が生起」と記述されていた問題で、稲田朋美防衛相は8日の衆院予算委員会で「法的な意味での戦闘行為ではない。武力衝突だ」と説明した。民進党の小山展弘氏への答弁。

稲田氏は、憲法9条との関係で問題となる戦闘行為として「国対国や、国と『国に準ずる組織』の間での武力紛争」を挙げ、南スーダンの現状は「戦闘行為」にあたらないとした。

PKO協力法は、紛争当事者間の停戦合意成立などの5原則を定めており、稲田氏は「5原則は守られていた」とも語り、これまでの政府見解を踏襲した。
一方で稲田氏は「一般的な辞書的な意味で戦闘という言葉を使ったと推測している。武器を使って人を殺傷したり、物を壊したりする行為はあった」とも述べた。
また、防衛省が当初、日報を「廃棄した」としていたことについては「私もさらに探索するよう指示していた。隠蔽(いんぺい)との指摘はあたらない」と語った。 【光田宗義】
.
.

<南スーダン日報 >次第に追い込まれる稲田防衛相 
(毎日新聞2017年2月10日)

統合幕僚長らを厳重注意と発表したが…

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊部隊の日報問題で、稲田朋美防衛相が次第に追い込まれている。
「廃棄」したはずの日報の存在が明らかになるまでの経緯を説明すればするほど、別の疑問点が浮上する悪循環。
稲田氏は10日、河野克俊統合幕僚長らを厳重注意したと発表したが、野党はさらに追及を強める構えだ。

南スーダンの首都ジュバでは昨年7月、大規模な武力衝突が発生した。このため、国連職員らが襲われた際、自衛隊員が救援に向かう「駆け付け警護」の任務付与を巡って、国会では現地情勢に関する質疑が何度も繰り返された。


こうした中、ジャーナリストが7月7~12日の日報を開示するよう請求。
防衛省は12月2日、「日報はすでに廃棄されている」と不開示を決定した。
同省によると、当時、陸自の関連部署を調べたが見つからなかったという。
この間、政府は11月15日に駆け付け警護の任務付与を決め、同20日に先発隊が現地に出発した。


ところが、自民党の河野太郎元公文書管理担当相が12月22日、「電子データは残っているはずだ」と防衛省に再調査を要請。その4日後に、同省統合幕僚監部に電子データで保管されていることが判明した。

民進党は一連の経過を「隠蔽(いんぺい)ではないか」と批判する。与党議員が指摘しなければうやむやになっていたのではないかという見方もあるが、稲田氏は9日の衆院予算委員会で、12月16日に廃棄の報告を受けた際、「第1次資料の日報を本当に破棄したのか。しっかり捜すべきだ」と自ら指示したことを強調した。


だとすると、稲田氏から指示された統幕が、電子データを確認した12月26日から約1カ月間、なぜ稲田氏に報告しなかったのかという疑問が生じる。文民統制(シビリアンコントロール)のあり方にも関わる問題だ。


これについて統幕は、派遣部隊との事実関係の確認や不開示部分の調整などに時間がかかったと説明している。同省は今月7日、日報を一部黒塗りで公表した。


稲田氏は10日の記者会見で「私への説明に一定の準備が必要ということは理解できるが、見つかった事実をすぐに報告すべきだった。関係部署を厳しく指導した」と釈明した。
しかし、野党は稲田氏と省内の意思疎通が不十分なのではないかとにらんでいる。民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は10日の会見で「組織上のガバナンス(統治)はどうなっているのか。防衛相がしっかりと指揮命令を執れているのか疑義が生じている」と批判した。

与党も日報問題を軽視できない。稲田氏や防衛省の説明があいまいなままでは、安全保障関連法に基づく自衛隊の任務拡大という安倍政権の安保政策そのものへの批判が再燃しかねないためだ。

自民党の二階俊博幹事長は10日の会見で「(防衛相への)報告の遅れは、多少気の緩みがあったのではないか」と指摘。
公明党の井上義久幹事長も「省内の情報共有が不十分、文書管理も極めてずさんだ。猛省を促したい」と苦言を呈した。【村尾哲、光田宗義】
.
.
.


[PR]
by cwhihyou | 2017-08-04 22:00 | Comments(0)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています