クラウドワークスはtomsoy氏に学べ【特別企画「再掲」】

(注:2016.12にアップした記事)

今日はずっと株価に引きずり回された。

高騰の後の撃沈、その後のやや上げ。

なんだこれ。

トランプ就任前でこれ。

就任したらどうなるんだろう。

さて、
帰宅してクラウドワークスを開いたら、以前私が書いた「クラウドワークスではこんな人も働いている」という事例紹介の記事を、この記事に登場する人物が読んでいることが分かった。

このブログの記事がクラウドワークスの投稿欄にさらされたわけである。

すると、tomsoy氏本人から私宛にコメントが届いた。

「名前を伏せて頂ければ
ネットでの発言ですし
どこで晒されようが問題ありませんが、
名前を許可なく晒すのは個人への嫌がらせでしかありません。

tomsoyは20代女性のおバカさん。業務実績もなく、ライターとはいえない。なのに、たまたま自分の文章がカネになるという経験をしたものだから、ライターになれる、という気持ちを捨てきれず、クラウドワークスにぶら下がっている。

と書かれていますが、
文中にもあるとおり
私は他でも仕事をしていますし
理由があり人のもとで働けなくなり今の状態があります。

事実確認や前後の問題をスルーして
ここだけを晒してバカとあなたに書かれる筋合いありませんし、
今回晒されていると書き込んだ方が
あなたなんじゃないかとも思っています。

いい感じにこちらへのアクセス数は伸びたようですし。

名前を出して
悪意ある言葉を書くのは
私を死に追いやっても良いからやったのですよね?

その覚悟があっての投稿ですよね?
仮名だったとしても個人の名前です。
軽々しく出していいものではありません。」

本人はバカであることを否定しているが、他人に依頼しながら攻撃をしかけるという、典型的なバカの文章である。

さらに、いらだちと憎しみと自己憐憫がこもった、名文でもある。

このtomsoy氏はこの件について、クラウドワークスの掲示版でかなり活発に発言している。

発言内容はmoreに隠した。

そしてtomsoy氏を擁護する書き込みもあった。

これがクラウドワークス、というより、クラウドビジネスの実態である。

つまり、このtomsoy氏ですらクラウドワークス経由で現金報酬を得ている模様なのである。

かつて「活字で飯を食う」ことは、ほんのひとにぎりのエリートに限られていた。

それがいまや、反論とイライラを組み合わせれば自分の迷惑行為が帳消しになる思っている人が、活字でコメを買える時代になったのだ。

クラウドワークスのシステムの最大の欠点は、「減給」も「仕事を干す」も「解雇」もないことだと分かった。

WELQの失敗は、投稿された記事を没にできない仕組みだと分かった。

ビジネスの世界では、スキルの低さと怠慢さを兼ね備えた者は、即退場である。

tomsoy氏のような人をいきなりビジネスの土俵に上げることは、かえって残酷なことだと思う。

「残酷」とは、tomsoy氏に対して残酷なだけでなく、その土俵で勝負をして、勝ったらアルコールを買おうと考えている私にも残酷である。

クラウドワークスには「次のWELQ」になる前に改善をお願いしたい。

「プロワーカー」を作るのもいいが、それならば「強制退場」や「若葉マーク」を導入すべきである。

そうすることで「若葉マーク」ワーカーは、心置きなく「最低賃金以下の給料をもらいながらのOJT」を受けることができるし、クライアントも堂々と「最低賃金以下の業務発注」ができるだろう。

そういった観点からすると、tomsoy氏はビジネス界のニュータイプといえるかもしれない。

クラウドワークスはtomsoy氏からこそ学ぶべきだ。
.
.
.
.
.
人気のtomsoy氏の話題はここにも書いた。
http://cwhihyou.exblog.jp/24965062/
.
.
.




tomsoy 2016年12月15日 08:13
> Rさんが書きました。
> 見られてますね。自分も気を付けないと!
> https://www.google.co.jp/amp/cwhihyou.exblog.jp/amp/24965062/

どうも晒された本人です(๑•̀ㅂ•́)و✧
教えてくれてありがとうございます!
対処させていただきます。


tomsoy 2016年12月15日 09:44
確認したら自分との会話を晒されてたページだったけど、他の投稿を見ると結構いろんな方の名前が・・・
とりあえずサイト側に対処依頼をしました。
コメントにて名前は伏せて欲しいと伝えようとしましたが、他の方の名前も結構出ていたのでサイト側への対処以来にしました。


tomsoy 2016年12月15日 10:40
反応するからダメなのはわかってるんです。
名前を変えれば済む事です。
でも、名前を晒して悪意ある言葉を書くのはネットのいじめで自殺に追い込む人と同じだし、それを知ってて放っておくのってどうなのかなって思います。
名前を変えさせるほど追い詰めてtomsoyが消える事になったら一緒じゃないでしょうか?
軽い気持ちで変えられる人もいれば思い入れのある名前を使っている人もいます。
私は後者です。
本名とずっとネットで使っていた名前の組み合わせです。
ネタにされたとしても対処を願い出るのは、私なりの自己防衛です。
結果が悪くてもやらないで後悔するならやって後悔したい派なんですね!


tomsoy 2016年12月15日 11:04
それは誰にでも噛み付く相手側に言っていただけると助かります。
私から喧嘩を売ったこともないので。
噛み付かれないっていう自己防衛で最近は書き込みも減らしてたんですけどね。


tomsoy 2016年12月15日 11:39
良い事だと仰っていただけてとても嬉しいです!
最初の頃って揉めたりすると名前を変えてやり直そうか迷いますよね。
私はまだまだクソですが前よりは迷わなくなってきました。
クライアント様から名前を呼ばれ、公開しましたと言われると始めた頃の安心よりも自分の記事が公開されたって嬉しく感じるようになりもっとこの名前を呼ばれたい。
大事にしなきゃ。って思うようになりました。


tomsoy 2016年12月15日 19:38
ありがとうございます。
とても嬉しいです!
若者って言ってもらえた事だけでもとても嬉しいです!!
私もふざけた書き方をしたのが悪かったとは思いますし、今回は自業自得とも思っています。
今回投稿されていた内容もライターとしてではなく、私もネットでいろいろ調べて読むので、読者としての意見を書いた部分もあったので、Rさんの仰ってくださった言葉がとても嬉しかったです。
ありがとうございます!


tomsoy 2016年12月15日 21:18
> Rさんが書きました。
> 味方だからね(^_-)-☆
この言葉だけで凄く嬉しいです!
親には問題が起きたら全て自分の責任と思いなさいと育てられたので、味方だからと言われる事が無く、今回の事もそうですが、過去に親に言ってもらえてたら、どんなに心強かったかと思えました。
人に言われて嬉しい言葉で、ここまで涙することがあるんですね。
やっぱり言葉って凄いですね。
たった一言でレ・ミゼラブルを見たとき程の涙を流せるんですもんね。
今回のことはいい勉強になったと思い切り替えてがんばります!
本当にありがとうございます!!


tomsoy 2016年12月15日 21:59
心優しいお言葉や嬉しいお言葉、安心させてくれるお言葉をいただけたので、今日は寝れそうです!!
親のおかげでこの考えができるように育った。
そう考えれば褒めて欲しかった認めて欲しかったは、わがままだなって思えました。
自分は褒めて安心させて、尚且つ親がしてくれたように、こういう考えができる子を育てたいと、思いました。
味方がいるだけで強くて自信が持てるなら、自分も味方になりたいです!
私は人を喜ばせたり、人を楽しませる言葉をかけるようになりたい!
いい勉強になりました!
ライターと名乗れるほど経験や実績はありません。
でも記事だけじゃなくても言葉は発信出来るので、今後は少しでも人の心を救えるような言葉を発信していこうと思います!
お騒がせいたしました。


tomsoy 2016年12月15日 22:01
オロナミンC!!!!
たまに飲みたくなりますがキレートレモンに負けてしまいます(笑)
今日は本当にありがとうございました。
おかげてかなり楽になり考え方も少し変わった気がします!
求めるだけじゃ自分は成長できないですしね!
与えれる側になれるようがんばります!!











[PR]
Commented by ABC at 2016-12-16 00:24 x
晒すって言葉の意味がなんか違うような…
晒し者にされたってお怒りですけど、あそこの掲示板に書き込む時点で、全国にすでに晒されてるということをなんでわからないかなぁ。
そんでもって、掲示板に晒した張本人の人に「味方ですよ」といわれて、感激して泣いてるわけだよね??

まぁこっちは、「おもしろい人たちがいるなぁ」と楽しくROMってるだけなんで、このまま続けてもらえばいいんだけどもw


Commented at 2016-12-16 06:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-12-16 06:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by cwhihyou | 2017-06-12 07:57 | Comments(3)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています