ライティングのギャラの相場

クラウドワークスでライティングを1年やってみての感想その1

価格の相場は3層ある模様。それぞれの業務の性質は次の通り。

【0.3円/字くらい】ライティングスキルは求められないが、多少の情報収集能力は求められる。初心者はここからスタートしたい。これ以下の価格を提示するクライアントはあまり信用できない。

【1円/字】標準的な価格だが、そこそこ書けないと、クライアントは不機嫌になる。ライターとしては「もう少しもらってもいい」と感じるが、「1」というとても区切りがよい数字なので、固定化されやすい。ここからの値上げ交渉は難しい。
初心者にとっては目標になる額。異なる3つのクライアントから連続して1円/字の仕事をゲットできたら、完全に0.3円執筆から卒業したい。

【2~3円/字】クライアントの要求はとてつもなく厳しく、ライター側の感覚では「100円/字くらいのクオリティを求められる」感じ。3000字の原稿でも、リサーチに半日、執筆に半日かかる。記事のテーマの仕事に就いていたか、ディープな趣味としてそれに携わっていたかしていないと書ききれないことも。ただ、ライターの方もとても勉強になる。
競争率がとても高いので、1度でも水準に達しない原稿を提出してしまうと、2度と仕事がもらえない。

――と概観した上での感想は、「1円執筆と2~3円執筆のコスパは同じくらい」である。当然ながら、クライアントたちが申し合わせて「コスパの相場」を統一させたわけではない。それで「神の見えざる手が見える」という印象を持つ。

つまり逆にいえば、2~3円執筆を1円執筆くらいにサクサク書けるようになれば、収入は2~3倍に跳ね上がるということである。
よって、クラウドワークスだけで副業ライティングを行う場合の収入の頭打ちは月額20万円程度ではないかと感じている。これでは「副業」と呼べない。「小遣い稼ぎ」である。

さらに、クラウドワークスを専業としてライティングをしても、年収は500万円がマックスではないだろうか。マックスということは、1日10時間以上パソコンとにらめっこして、年間300日ぐらい働いて、ようやく年収500万円ということである。
よって、ライターとして生計を立てるのであれば、1日でも早くクラウドワークスを卒業して、直接、出版社や新聞社やサイト運営者と契約を結べるようにならなければならないということである。




.
[PR]
Commented by 匿名 at 2016-11-28 14:11 x
勉強になりました。ありがとうございます。ライターになりたいわけではないのですが、鬱気味で会社出勤が出来ないので、在宅業務を行いたいと思っておりましたので、参考になりました。ありがとうございます。クラウドワークスで腕を磨いて、直接契約をもらえるように頑張ります!
by cwhihyou | 2016-11-23 09:46 | Comments(1)
クラウドワークスを使ってライターの仕事をやっています